<< 第2回藤枝市母親大会がひらかれます。こちらにもいらして下さい。 | main | ビキニ水爆被災60年・ビキニデーで平和の誓い新たに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
第21回沼津母親大会ーー大変有意義でした
 

「どうなっていくの?TPP問題」 参加者21名
参加者の感想

・助言者の方が農協の職員さんということもあり農協に対して
手厳しい意見が出されましたが農協としても絶対にTPPに反対していくという強い思いを感じられました。

・ともかくTPPを通してはならない。どうすればいいのか。

・農業の後継者問題も大きい。農協として支援していってほしい。

・アメリカのグローバル企業のあり方についての学習は良かった。
アメリカの食の状況が近いうちに日本になる。

・もっと学習して、農協だけでなく市民も含めて反対運動をしていく必要がある

・食料自給を守るためにヨーロッパ各国では高い関税をかけている。食料自給率が低い日本は、自分の国の国民を守れないと言うことで馬鹿にされている。恥ずべきことだ。

<お知らせ>
全国農協中央会(JA全中)は月20日、東京都内で緊急全国要請集会を開き約800人が参加しました。
JA全中の萬歳会長は(政府与党幹部が)TPP交渉で譲歩を示唆する発言をしたとの報道があり、生産現場は不安と動揺が広がっている」と批判しました。
米や麦、牛肉・豚肉、乳製品、砂糖の農産物5項目などを関税撤廃から除外するよう求めた自民党の公約や国会決議を堅持することを出席した与党幹部に要求しました。



「小中学生のネット依存を考える」参加者14名
参加者の感想

・若いお母さんたちに母親大会を知ってもらいたいと思いこのテーマを取り上げました。会場付近の小中学校の保護者にも学校通してチラシを配布してもらった。

・参加者は年配者も多かった。お孫さんのスマホなどがとっても心配という方が多かった。

・自分はスマホを使用していないけれど子どもたちが夢中になるネツトについて知りたくて参加した。

・助言者の方が子育て中ということもあり、親しみをもって学習ができた。

・ネット依存が引き起こしている問題の多さに驚いた。

・大人としてスマホなどの正しい使い方などを子どもとコミニケーションをとる必要があると思った。

・人間関係を崩してしまう危険なものだと恐ろしさを感じた。


カテゴリ:- | 23:58 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:58 | - | - | - | - |
コメント
私もTPPの分科会に参加しました。
物づくりはとっても大切。
それが工業製品でも食物でも。
これらを天秤にかけて交渉することじたいが
間違っています。
TPPの動きに注目していきましょう。
| 沼津の毎日かあさん | 2014/02/22 11:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shizuhaha.jugem.jp/trackback/138
トラックバック